読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

S.L.C.

☆くれたら必ず返します

【仕事効率化】Windows8.1でディスク使用率100%になるのを回避する方法

以前の状態

f:id:RASAI:20141211105558j:plain

ホストのディスクアクセスが高く(常に100%近く)、ゲストCPU使用率も100%が続きVisualStuido起動に30秒~1分ほど要していました

起動した後もゲストCPU使用率が80%前後にも関わらず、ホストCPU使用率は3%でした

 

現在

f:id:RASAI:20141211110458j:plain

初回立ち上げ時にはゲストCPU使用率100%になることもあったのですが、ホストのディスクアクセス100%が続くこもなく、ゲストのCPU使用率もすぐに落ち着くようになりました。起動後のホストとゲストのCPU使用率の大幅なギャップは解消されました。

VMwareの起動も動作も早くなり、VisualStuidoの起動は約10秒ほどに短縮され、VMwareサスペンド後も安定するようになりました

以下、解消方法

SuperFetchを無効

Windows8/8.1でディスクの使用率が100%になる回避方法 - NAVER まとめ

で回避方法を参考にしました

コントロールパネル → 管理ツール → サービス とたどり

サービス(ローカル)の項目になる Superfetch を右クリックしてプロパティを表示

スタートアップの種類を 無効 にして適用

でおしまいです

ディスクアクセスの確認方法はタスクマネージャを起動して『パフォーマンス』で確認してください

僕の場合はVisualStudioやVMware使用時に発生し、ゲストは2%なのに、ホストOSが常にディスク使用率100%で、めちゃくちゃ遅くなっていました。

今ではかなり快適です

IPv6を無効

上記で解決できなかった場合

【コントロールパネル】⇒【ネットワークと共有センター】インターネットオプション

f:id:RASAI:20141211105122j:plain

 

【接続先】(僕の場合はイーサネット)⇒【プロパティ】

f:id:RASAI:20141211105220j:plain

 

インタネットプロトコルバージョン6のチェックを外して、OKを押してください

f:id:RASAI:20141211105312j:plain

 

これで解決できるはずです

 

 

今すぐ使えるかんたんEx Windows 8.1 [決定版]プロ技セレクション

今すぐ使えるかんたんEx Windows 8.1 [決定版]プロ技セレクション

 
今すぐ使えるかんたん Windows 8.1

今すぐ使えるかんたん Windows 8.1

 

 

合わせて読みたい過去記事

【仕事効率化】Win7以降でPhotoViewerやPDFアプリで写真が黄ばむを解決 - S.L.C.

【仕事効率化】Windowsの窓を右と左に分割する方法 - S.L.C.

【仮想化】メモリー不足エラーを解決(VMwarePlayer) - S.L.C.